ロッテ井口監督、5勝目の岩下を「素晴らしい」と絶賛も…早めの継投の理由は?

ロッテ井口監督、5勝目の岩下を「素晴らしい」と絶賛も…早めの継投の理由は?

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

新助っ人マーティンが2安打2打点と活躍「明日も絶対取る気で」

■ロッテ 4-1 オリックス(30日・ZOZOマリン)

 ロッテは30日、本拠地ZOZOマリンスタジアムでオリックスと対戦。2番に入った新外国人マーティンが来日2号ソロを含む2安打2打点と大活躍すると、先発の岩下も6回途中までノーヒットピッチングの好投。投打が噛み合い4-1で勝利し、3連勝を飾った。

 ロッテ先発・岩下は5回までオリックス打線を無安打に抑える快投。すると打線は3回、3番・鈴木が右翼越え先制適時打。5回には攻守で活躍を見せる新外国人の2番マーティンがオリックス先発・田嶋から右翼席へ2号ソロ。先発岩下に2点をプレゼントした。

 6回に初安打を許した岩下は7回に2つの四球を出したところで降板。3番手・東條が2死満塁から代打・宗に押し出し死球を与え、1点を失うものの、直後にはマーティンが右翼線二塁打。続く鈴木も右中間を破る適時二塁打で2点を追加し、逃げ切った。

 6回1/3(81球)を1安打7奪三振1失点の好投で5勝目を上げた岩下について、井口監督は「素晴らしかったですね。初回はどうなることかと思いましたが、イニングを追うごとに良くなっていった」と評価。「できれば100球近くまで投げてほしいと思ったのですが、いいところで。イニングによって球にばらつきがあるので、あそこ(7回)で一気に行かれる可能性もあったので」と早めの継投に踏み切った理由を語った。

 試合前に指揮官も「なんとか頭を取れるように」と意気込んで臨んだカード初戦。投打が見事に噛み合い4カードぶりにカード初戦を勝利した。「相手がなかなか点が取れない投手でしたが、その中で2番、3番がしっかり機能してくれて、しっかり点を取ってくれました。いい流れで来ていますので、明日も絶対取る気で行きたいと思います」と、連勝でのカード勝ち越しへ向けて改めて気を引き締めていた。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

関連記事(外部サイト)