【米国はこう見ている】戦列復帰した上原浩治の起用法に米メディアが警鐘「コージを使いすぎるな」

【米国はこう見ている】戦列復帰した上原浩治の起用法に米メディアが警鐘「コージを使いすぎるな」

レッドソックス・上原浩治【写真:Getty Images】

戦列復帰後は5日間で3試合に登板、無失点の好投で指揮官の信頼を取り戻す

 右胸筋の負傷から5日(日本時間6日)に戦列復帰したレッドソックス上原浩治投手。メジャー合流後は3試合に登板し、3イニングを投げて2安打5奪三振無四球無失点と完璧なリリーフを続けている。11日(同12日)敵地でのブルージェイズ戦では3点差の8回に登板して3者凡退。ファレル監督は上原を8回のセットアッパーとして起用することを示唆したが、米メディアから「コージを使いすぎるな」と警鐘が鳴らされている。

 圧倒的な活躍を見せた昨季と比べると、今季は7月20日に故障者リスト(DL)入りする前まで防御率4.50と安定せず。右胸筋の負傷も重なり、41歳のベテランの復活に疑問の声が上がっていた。だが、5日(同6日)に復帰してからは、守護神として活躍した当時のスタイルが戻り、まだ3戦だが無失点に抑えている。

 今季前半、上原の調子が上がらなかった原因の一つが、伝家の宝刀スプリットが高めに浮いてしまったことにある。変化が少なく高めに浮いたスプリットを本塁打され、一発に泣くことが多かった。だが、米スポーツ情報サイト「SBネーション」では特集記事内で、復帰3戦目となった11日(同12日)ブルージェイズを例に挙げ、「ウエハラはスプリットを効果的に投げた。重要なのは、それがストライクゾーン低め、もしくはゾーン外に集められていたことだ」と、上原の復調ぶりを指摘している。

ファレル監督は8回にセットアッパーとしての起用も示唆

 上原が好調時に近い状態に戻ってきたことは、ファレル監督も感じているようだ。現在、レッドソックスのブルペンで確実に計算できるのは、アンダースローのジグラーと守護神キンブレルのみ。他のリリーフ投手は状態が安定しないこともあり、指揮官は上原を8回にセットアッパーとして起用することを示唆している。現在、チームは混戦のア・リーグ東地区で優勝争いの真っ最中。残り19試合で4位ヤンキースまでのゲーム差は、わずか「5」で、プレーオフに進出するためにも、安定感を取り戻した上原を積極起用したいのが心情だろう。

 だが、記事では、無失点に抑えている最近3試合でも球数は合計50球に達していること、さらに「現実はコージは41歳で、まだ防御率は4点以上だ」という事実を指摘。今後重要な局面で上原を効果的に使っていくなら、「もしソックスがコージを8回で起用し続ければ、さらに球数や投球回数が増えるだけ」と使い過ぎないことを提案している。

 混戦模様の東地区を制し、プレーオフに進出するためには、さらにプレーオフを勝ち進んでいくためには、上原の起用法が一つのカギとなりそうだ。

関連記事(外部サイト)