2か月札幌ドーム開催なしの理由は? 変則日程が2020年シーズンへ及ぼす影響

2か月札幌ドーム開催なしの理由は? 変則日程が2020年シーズンへ及ぼす影響

日本ハムが主催試合を行う北海道・帯広の森野球場【画像:パーソル パ・リーグTV】

過去15年の各球団の地方開催試合数は…

 7月29日、日本プロ野球機構(NPB)は2020年シーズンのパシフィック・リーグ公式戦の試合日程を発表。セントラル・リーグ、パシフィック・リーグの試合日程が出揃った。

 2020年シーズンは「東京オリンピック・パラリンピック」の開催に伴い、開幕戦は例年より約1週間早い3月20日に。大会の開催期間である7月21日から8月13日の間は、リーグ戦を中断、本拠地以外の球場での開催数が例年と比べて多くなるなど、日程の組み方が大きく変わっている。そこで今回は、本拠地以外で数多く試合を開催しているのはどのチームなのか、過去15年の各球団の地方開催試合数を調べた。

○12球団地方開催試合数
チーム名:2019年の開催数:2005年〜2019年の開催数平均

F:14回:13.3回★
T:10回:11.0回
G:7回:8.5回★
S:4回:5.8回★
DB:1回:5.1回
E:5回:4.5回
H:8回:4.2回
D:2回:3.9回
C:1回:3.9回
L:6回:3.7回
B:2回:1.0回
M:1回:0.4回

★は自前球場なし
※中止試合は除外して計算
※オリックスのほっともっとフィールド神戸開催は除外

 本拠地以外の球場で最も試合を開催していたのは、球場を保有していない日本ハムだった。2019年シーズンは北海道内の地方球場や、かつての本拠地だった東京ドームなどで、計14試合を開催している。

 2番目に数が多かったのは阪神。自前球場である阪神甲子園球場が、高校野球の影響で使用できない期間があるため、年間10試合以上、本拠地以外で試合を開催していた。3位には巨人、4位にはヤクルトと、球場を保有していない3球団が上位に名を連ねる形となった。

本拠地以外で試合を開催する理由とは…2020年シーズンは一風変わったシーズンに

 各球団が本拠地球場で試合をすることが多いのは言うまでもないだろう。特に、球場を保有、もしくは運営権利を持っている球団の場合は、収益性の高さも含め、本拠地開催の試合数が必然的に多くなっている。選手の視点から見ても、移動の楽さや、家族がいる本拠地での試合が多いほうが喜ばれるだろう。

 そんな中でも各球団は、親会社の販促や、プロ野球の人気拡大のために、本拠地球場以外で試合を開催。現在では、楽天の東北地方やソフトバンクの九州地方など、地域活性化目的で試合を開催することも多くなってきている。

 2020年はオリンピックの影響により、本拠地で試合を開催できない球団も多い。本拠地が使用できないヤクルトとDeNAが東京ドームで初の主催試合を開催。日本ハムは、札幌ドームがオリンピックのサッカーの会場として使われるため、本拠地で2か月間試合開催無しなど、変則的な日程が組まれている。

 オリンピックへの参加もさることながら、移動でも選手たちに負担が掛かりそうな来シーズン。例年とは違った日程で行われるペナントレースはどのような展開を見せるだろうか。

○2020年度パ・リーグ公式戦地方球場開催日程

【日本ハム】12回
5/13.5/14東京ドーム、6/23釧路、6/24帯広、6/27.6/28静岡、7/4.7/5那覇、7/14.7/15旭川、7/17.7/18東京ドーム

【楽天】2回
5/19秋田、6/23弘前

【西武】5回
4/7県営大宮、4/21東京ドーム、5/19県営大宮、6/19前橋、8/27県営大宮

【ロッテ】2回
6/30富山、9/8水戸

【オリックス】0回

【ソフトバンク】6回
4/16北九州、4/18熊本、4/19鹿児島、7/7宮崎、7/9北九州、8/17京セラドーム(「パ・リーグ インサイト」東海林諒平)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)