【MLB】Rソックス右腕、素手で怒りのTVモニター破壊! ファン苦言「情熱ではなく幼稚なだけ」

【MLB】Rソックス右腕、素手で怒りのTVモニター破壊! ファン苦言「情熱ではなく幼稚なだけ」

レッドソックスのリック・ポーセロ【写真:Getty Images】

ベンチに備え付けられたTVモニターを両手でパンチし粉々に破壊

■レイズ 8-5 Rソックス(日本時間1日・ボストン)

 レッドソックスのリック・ポーセロ投手が7月31日(日本時間8月1日)、本拠地レイズ戦に先発し5回2/3、9安打6失点で8敗目を喫した。自らの投球内容に怒りが収まらない右腕はベンチ内のTVモニターを破壊する暴挙に出た。MLB公式インスタグラムが一部始終を動画で公開している。

 ポーセロは初回にダーノーに中前適時打を浴びいきなり先制を許すと、2回にはキーアマイヤーにソロ、メドウズに3ランを浴び序盤に大量失点を喫し6回途中6失点で降板となった。その後、ベンチ裏に戻る際に頭上にあった2つのTVモニターを両手でパンチし破壊してしまった。

 MLB公式インスタグラムは「それ見てたんだけど!」とコメントを添え、ポーセロの暴挙を動画で公開。ファンも八つ当たりでモニターを破壊した右腕の行動に呆れかえっていた。

「いつも通りのボストンの酷い態度」

「それは情熱ではなくて、幼稚なだけだろ」

「DFA(戦力外)」

「情熱、それとも大人げない?」

「情熱だよ(笑) 癇癪を起しているのさ」

「この子供の親はどこにいるの?」

「彼がろくでもないヤツということを表している」

「それは情熱ではなくて、自制心の欠如だよ」

 モニター部分が粉々に砕け散っており両手に怪我があったかは定かではない。自らの“商売道具”となる両手を犠牲にするポーセロの行動には多くの非難の声が上がっていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)