【MLB】元Gマイコラス、“捕球妨害”で「卑劣」と批判殺到も…「決して悪意はなかった」

元巨人マイルズ・マイコラスの走塁が物議 捕球を妨害するような仕草に米国で批判殺到

記事まとめ

  • 元巨人のカージナルス、マイルズ・マイコラス投手が見せた走塁が物議を醸している
  • 二塁手ボートの左腕を左手で触り、捕球を妨害するような仕草を見せたと批判が殺到
  • マイコラスは地元紙の取材に「彼がそこにいるべきじゃなかった」と主張している

【MLB】元Gマイコラス、“捕球妨害”で「卑劣」と批判殺到も…「決して悪意はなかった」

【MLB】元Gマイコラス、“捕球妨害”で「卑劣」と批判殺到も…「決して悪意はなかった」

カージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:AP】

相手の左腕を左手で触る“決定的瞬間”が捉えられた動画も公開、ファンやメディアが批判も…

■カブス 2-0 カージナルス(日本時間1日・セントルイス)

 元巨人のカージナルス、マイルズ・マイコラス投手が7月31日(日本時間1日)の本拠地カブス戦で見せた走塁が物議を醸している。セーフティバントを決めた際、ベースカバーに入った二塁手ボートの左腕を左手で触り、捕球を妨害するような仕草を見せたことから米メディアやファンが批判。地元メディアでは、その“決定的瞬間”が捉えられた動画も公開された。ただ、本人は地元紙の取材に「彼がそこにいるべきじゃなかった」と主張している。

 6回途中6安打1失点3奪三振の好投も、打線の援護なく11敗目(7勝)を喫したマイコラス。この日、注目を浴びたのは0-0の3回で見せた走塁だった。無死二塁の場面でバントをすると、一塁を猛ダッシュで駆け抜けヒットとなった。さらに、遊撃バエスの一塁送球がワンバウンドとなり、ベースカバーに入ったボートは捕球できず。記録は1ヒット1エラーで、ウィータースは三塁へと進んだ。

 納得いかなかったのが、カブスのマドン監督。その場で審判に抗議したものの、判定は変わらず。マイコラスが一塁を駆け抜ける際にボートの左腕に左手で触り、捕球を妨害するような仕草を見せていたのだ。地元テレビ局「FOXスポーツ・ミッドウエスト」が公式ツイッターで公開したスロー映像には、その“決定的瞬間”が映っており、ファンから「卑劣」などと非難が殺到。米メディアからも「二流の馬鹿げた行動」などと痛烈な批判の声が上がった。

 ただ、マイコラスは仕方ない動きだったと試合後に説明している。地元紙「セントルイス・ポスト・ディスパッチ」によると、「ボートがベースライン上に確かにいたんだ。接触が少しあったけど、決して悪意はなかったよ」と振り返ったという。さらに、「僕は全力で走ってたんだ。彼がそこにいるべきじゃなかったんだ」とも話し、ベースカバーに入ったボートが立っている位置が悪かったと主張している。

 結局、このイニングで得点は入らなかったため、このプレーが勝敗に関係することはなかった。だが、同地区のライバル関係にある2チームだけに、今後の対戦で何かしらの影響があるかもしれない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)