日ハム杉谷、20打席ぶり安打も…好機の三ゴロを猛省「勝てるゲームでした」

日ハム杉谷、20打席ぶり安打も…好機の三ゴロを猛省「勝てるゲームでした」

日本ハム・杉谷拳士【写真:石川加奈子】

8月は黒星発進「1球1球、勝負だと思ってやってきます」

■楽天 3-1 日本ハム(1日・札幌ドーム) 

 日本ハムの杉本拳士内野手が1日、本拠地楽天戦に「7番・左翼」で先発出場。7月15日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)以来となる安打を放った。

 2回の第1打席で四球を選ぶと、4回の第2打席で左腕・辛島の外角低め直球を中前にはじき返した。自身20打席ぶりの安打となったが、試合後に杉谷の脳裏に焼き付いていたのは、6回の第3打席のことだった。

 1点を追う6回1死二塁の好機で三ゴロに倒れたことを猛省。「勝てるゲームでした。チャンスで打てなかったことを反省して、次の打席に生かしたいです」と自らを戒めた。

 16勝6敗と好調だった7月から月が変わり、8月は黒星発進となった。「8月は正念場。チームが一つになって戦えているし、勝負所を分かっている選手もいるので、まくるために、1球1球、勝負だと思ってやってきます」と力を込めた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)