ロッテ5時間超の熱戦制す 井口監督はマーティン2番起用に手応え「非常に機能」

ロッテ5時間超の熱戦制す 井口監督はマーティン2番起用に手応え「非常に機能」

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

延長12回にサヨナラ押し出し四球、5時間超の熱戦制す「最後に勝ちを引き寄せた」

■ロッテ 7-6 オリックス(1日・ZOZOマリン)

 ロッテは1日、ZOZOマリンスタジアムでオリックスと対戦。6-6の同点で迎えた延長12回、1死満塁から、新外国人マーティンが押し出しの四球を選び、7-6でサヨナラ勝利した。5時間18分にも及ぶ乱戦を制したロッテが、2カード連続のカード勝ち越しを決めた。

 ロッテはオリックス先発・K-鈴木からマーティンの3号ソロなどで5回までに5点を奪うと、先発・ボルシンガーも毎回走者を出しながらも5回2失点と粘りの投球で、試合を作った。

 7回までを石川、松永、酒居の継投で無失点に抑えてきたが、8回に5番手で登板した唐川が乱調。宗の1号2ランを含む5安打3失点で同点に追いつかれると、代わった6番手・東條も二死満塁から、7番・後藤にストライクが入らずストレートの四球を与えて5-6。押し出しで勝ち越しを許した。

 しかし直後の攻撃で、2死二塁から荻野が左中間を深々と破る適時三塁打を放ち同点に追いつくと、試合は延長戦へ突入。ロッテの負けがなくなった延長12回、7番・中村が右越え二塁打から、1死満塁の絶好機を作ると、ここまで来日初の3安打1盗塁、早くも3本目の本塁打を放っている新外国人マーティンが、オリックス7番手・エップラーから押し出しの四球を選び、サヨナラ勝利。5時間を超える乱戦に終止符を打った。

 井口監督は「全員でしっかりと戦い抜いて、最後に勝ちを引き寄せることができた」と振り返った。活躍が続くマーティンについて「2番においてから、非常に機能しているのでずっとこの調子でいければ」と、引き続きの活躍を期待した。

 これで2カード連続の勝ち越し。2日から仙台での楽天4連戦を迎える。指揮官は「ずっといい形できているので、(仙台で)しっかりと勝って帰ってきたい」と勢いそのままに敵地での勝利を誓った。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

関連記事(外部サイト)