【U-12W杯】侍の“小さな守備職人”は強心臓 人生初スクイズも「冷静になって決められた」

【U-12W杯】侍の“小さな守備職人”は強心臓 人生初スクイズも「冷静になって決められた」

満塁から見事にスクイズを決めた侍ジャパンU-12代表・高畑知季【写真:Getty Images】

6戦目で初めて先制を許した侍ジャパン、高畑のスクイズから見事に逆転勝利

 台湾・台南市で行われている「第5回 WBSC U-12ワールドカップ」は1日、スーパーラウンドがスタートし、侍ジャパンU-12代表は初戦でベネズエラに4-1で逆転勝ち。開幕から無傷の6連勝を飾った。勝利の立役者となったのは、チームでも一際小さい142センチの高畑知季(兵庫波賀リトルリーグ)だ。

 先制を許した直後の2回、高畑は1死満塁から見事に同点スクイズを決めた。続く片岡大瑠選手(大阪狭山ボーイズ)が2死二、三塁からセンター前に勝ち越しとなる2点タイムリーを放ち、日本は逆転に成功。試合のペースをすぐに引き寄せた。

 6戦目にして初めて先制を許した侍ジャパン。直後に訪れたチャンスで、仁志敏久監督は高畑にスクイズの指示を出した。高畑は初球ボールの後の2球目をバットに当てたがファウル。ここで相手がタイムをかけた。その後、ボールを挟んだ4球目に再びスクイズの指示が出ると、今度は一塁方向へ転がし見事に成功。試合を振り出しに戻した。

 U-12代表は小学校6年生と中学校1年生の2世代で構成されているが、高畑は小学校6年生。リトルリーグでは走者がリードをすることが禁止されており、スクイズはできない。そのため、なんと今回が人生で初めてのスクイズだったという。それでも「最初からスクイズのサインは出ると思っていた」と緊張はなかった。「1回失敗して少し焦ってしまったんですけど、もう1回あるので冷静になってきっちり決められたのでよかったです」と強心臓で役目を果たした。

 さらに4回には二塁の守備でも好プレーを披露。2死走者なしから一、二塁間を抜けそうなゴロに追いつくと、体勢を崩しながら一塁に送球してアウトとした。「僕(の強み)は守備なので。ピッチャーを救えるような、楽になるような守備ができたので良かったです」。大会を通して好成績を残している投手陣を後ろから支えている。

 2日にはグループBを首位通過した韓国戦を控える。“小さな守備職人”は「韓国はテレビで見ていたらめっちゃ打ってきたので、しっかり堅い守備を見せて、韓国打線を止めていきたいです」と意気込んだ。勝てば初の世界一に向けて、決勝進出が見えてくる。(工藤慶大 / Keita Kudo)

関連記事(外部サイト)