かつての阪神エース候補が1539日ぶり白星 苦悩の日々乗り越えつかんだ1勝

4年ぶり勝利の秋山「「久しぶり過ぎて恥ずかしいが勝ててよかった」

 かつてのエース候補が4年ぶりの白星に安堵の表情を見せた。阪神・秋山拓巳投手が16日のDeNA戦(甲子園)に先発。5回2/3で3安打1失点の好投で今季初勝利を挙げた。2012年6月30日・ヤクルト戦(神宮)以来、実に1539日ぶりの白星に「久しぶり過ぎて恥ずかしいが勝ててよかったです」と笑みをこぼした。

 課題の立ち上がりでは、またしてもつまずいた。初回。先頭の桑原に遊撃内野安打を浴びると1死三塁からロペスにタイムリーを浴び先制を許した。前回登板の2日・DeNA戦(甲子園)でも初回に3失点。同じような光景が脳裏をよぎった。

 しかし、落ち着きを取り戻した右腕は2、3、4、5回と無安打投球の快投を見せる。6回に2死二塁のピンチを背負い、40本塁打の筒香を迎えた所で交代となったが、粘り強い投球を見せた背番号27には虎党から拍手と歓声が沸き起こった。

「前回同様に失点してしまったが、(2回以降は)何とか押さえられた」

ルーキーイヤーに4勝もその後は勝てない日々が続く

 ルーキーイヤーの2010年に1完封を含む4勝(3敗)をマークし将来を有望視されたが、その後はチャンスをもらいながらも勝てない日々が続いた。高校時代はエースで4番。打者転向の話もあったが投手1本で勝負すると心に誓っていた。結果が出ない日々が続くとトレード要員に名前が挙がることもあった。

「一生懸命やっていました。野球で頑張りたいので。結果が出てよかった」

 ここ数年は1軍、2軍を行ったり来たり。生き残るためリリーフにも挑戦。それでも腐ることなく1軍での勝利を目指し続けた。この日は秋山にとって今季ラスト登板。最後の最後まで諦めなかった男に野球の神様はほほ笑んだ。

関連記事(外部サイト)