日ハム杉谷は「数字を持っている男」 “ただの四球”動画が50万回再生に迫る

日ハム杉谷は「数字を持っている男」 “ただの四球”動画が50万回再生に迫る

日本ハム・杉谷拳士【写真:石川加奈子】

パ・リーグTVが7月27日の西武戦で記録した代打四球を

 ただの四球なのに……。日本ハムの杉谷拳士内野手が7月27日の西武戦(メットライフドーム)で代打で取った四球が密かに話題となっている。「パーソル パ・リーグTV」が「実験 『一番数字を持っている男』は、ただの四球でどれだけ再生数を伸ばせるか」と公式YouTubeチャンネルで公開した動画が、再生回数40万回超え。50万回に迫る勢いとなっている。

 杉谷は1点リードの7回2死一、二塁の場面で代打で登場。西武佐野からフルカウントからの6球目、際どい外角球を見逃し四球を選んだ。続く西川の中前へのダメ押し2点打。価値のある四球となったが、パ・リーグTVは杉谷の“アシスト四球”に注目。杉谷の人気に乗っかって、四球までの全6球を動画で公開した。

 この実験動画は、わずか1日で再生回数11万超え。これまでに41万9000回超えを記録している。「一番数字を持っている男」の四球は、どこまで数字を伸ばすのだろうか。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)