西武、2020シーズン稼働の観客席改修内容を発表 3つのエリアで新シート導入

西武、2020シーズン稼働の観客席改修内容を発表 3つのエリアで新シート導入

2020シーズンから稼働する「内野指定席クッション付きシート」のイメージ画像【画像提供:埼玉西武ライオンズ】

内野、外周、バックネット裏の3つのエリアで新シートを導入

 西武は2日、2020シーズンから稼働するエリア・シートが決定したと発表した。内野、外周、バックネット裏の3つのエリアで新シートを導入するという。

 西武は、2017年11月15日にメットライフドームエリアの改修計画について発表。2019、2020シーズンオフの二期に分けて、観客席の改修を進めて行く予定となっている。

 2020シーズンから生まれ変わるエリアは、内野、外周、バックネット裏の3つのエリア。内野エリアは、内野指定席5席種、ブルペンサイドシート1席種、一塁側内野指定席の上段には新席種として「パノラマウッド4」というグループ席が誕生。内野指定席SS、内野指定席S、内野指定席A、内野指定席B、内野指定席C、ブルペンサイドシートの合計1万6548席は、全座席クッション付きシートにリニューアルされる。また、「パノラマウッド4」はウッドデッキとベンチが一体となったデザインで、球場全体を見渡しながら家族や友人とともに野球観戦を楽しめるグループシートとなっている。

 外周エリアには、一人でもカジュアルに観戦できる「ステンレスカウンター」を新設。定員1人のカウンター付立見席で、合計257席が設置される。フードやドリンクを置くことができるカウンターを新たに設け、立見席としての利便性が向上。外周売店などの周辺施設へのアクセスも良く、自由にカジュアルに観戦できる。

 そして、バックネット裏エリア(計1426席)には3席種を新設。現在のボックスシートエリアから左右にエリアを拡大し、プレミアムな観戦体験ができるラグジュアリーなシートの「プレミアムシートS」「プレミアムシートA」「ネット裏エグゼクティブシート」が設置される。全席をブラックで統一し、蒸れにくい高い透湿性と本革に近い質感をあわせ持つ、高品質な新素材の合成皮革を採用された。

 井上純一事業部長は「ここ4年間メットライフドームの観客動員数が順調に推移しており大変ありがたく思っております。一方でスタジアム内の座席についてさまざまなご意見をいただいており、観戦環境のストレスを少なくするスタジアムを目指したいという想いが強くありました。今回のシート改修では、多くのお客さまの声を参考に、バックネット裏エリアの高額席はよりラグジュアリーな環境を提供し、内野エリアのグループ席はスタジアムならではの臨場感や応援の一体感を肌で感じられるように、外周エリアは、さらに大きな声を出して応援したくなるような空間を検討させていただきました。この改修をきっかけに、またひとりでも多くのお客さまに足を運んでいただき、埼玉西武ライオンズのファンになっていただければうれしいです」とコメント。

 また、辻発彦監督も「いつもご声援いただきありがとうございます。2020シーズンからメットライフドームに、より楽しく、快適にご観戦いただけるシートが整うとのことで、私も大変うれしく思います。内野席はクッションシートにリニューアルするとのことなので、老若男女問わずリラックスしてご観戦いただけるのではないかと期待しています。感動や熱狂の瞬間をぜひ、新しいシートで味わっていただきこれまで以上に大きな声援をいただけるとうれしいです。少し気は早いですが、新しいメットライフドームを楽しみにしていてください」とコメントしている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)