ロッテ伊東監督の奇襲で初回に2点先制に成功!

無死一塁からのバスターエンドランで日ハム先発・増井に奇襲

 ロッテの伊東勤監督が17日の日本ハム戦(札幌ドーム)で奇襲を仕掛けた。

 初回無死一塁。1ボールからの2球目で、バスターエンドランを仕掛けた。バントの構えをしていた荻野はストライクを取りに来た増井の直球を強振。三塁線を破る二塁打で、スタートを切っていた一塁走者・岡田は一気に先制のホームへ駆け抜けた。

 さらに、2死二塁からは井上の左中間適時二塁打で2点目。デスパイネ、ナバーロを欠く打線が、初回に速攻を仕掛けて、3安打で2得点を奪った。

関連記事(外部サイト)