巨人菅野、6回4失点で4戦連続白星なし 2点リード守れず、防御率4.09に

巨人菅野、6回4失点で4戦連続白星なし 2点リード守れず、防御率4.09に

巨人・菅野智之【写真:Getty Images】

4回に筒香にソロ被弾、6回には3失点で逆転許す

■DeNA – 巨人(2日・横浜)

 巨人の菅野智之投手が2日、敵地DeNA戦に先発。6回6安打1四球9奪三振で4失点に終わり、今季9勝目はならなかった。

 巨人打線は1回に丸の18号ソロで先制、4回は岡本の犠飛で追加点を奪った。

 しかし、菅野がこのリードを守れない。直後の4回裏に筒香に19号ソロを浴びると、6回には石川と宮崎のヒットで1死一、二塁とされ、ソトに適時二塁打を浴びた。さらに、筒香は敬遠気味の四球で歩かせて1死満塁とすると、ロペスには勝ち越しの2点適時打を浴びた。

 なおも2死二、三塁のピンチだったが、佐野、大和は連続空振り三振。しかし、この回限りでマウンドを降り、4試合連続白星なしとなった。7回からは鍵谷が登板した。

 菅野は4失点で、試合前に3.97だった防御率は4.09に。再び4点台となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)