ダル 自己最多7失点で5回KO

乱調ダルビッシュ、制球定まらず2被弾&自己最多タイ7失点で5回KO

5回で8奪三振を記録するも、2被弾を含む7安打4四球と自滅

 6勝目を目指すレンジャーズダルビッシュ有投手は17日(日本時間18日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し、8つの三振を奪いながらも、自己最多タイ7失点を喫し、5回でマウンドを下りた。

 初回先頭ウェンドルに右翼へ先頭打者弾を運ばれる幕開けとなったが、味方の好守に助けられながら後続3人を打ち取った。続く2回は先頭ヒーリーから3者連続四球で無死満塁のピンチ。ここでマックスウェルが二遊間を真っ二つに割るセンター前2点適時打。1死からレフトへ犠飛を運ばれ、この回3点を失った。

 3回も先頭に中前打を許し、2死一、二塁とするが、ここではマックスウェルを空振り三振に仕留めて無失点。回を追う毎に調子を上げ、4回は2奪三振を含む3者凡退とした。

 一度は復調したように見えたダルビッシュは5回も簡単に2死を奪ったが、ここで再び捕まる。ヒーリーに中前打、アロンゾに四球で一、二塁としたところで、セミアンに左翼へ26号3点弾を叩き込まれ、合計7失点。セミアンに打たれた瞬間、打球の行方を見送らずにマウンド上で肩を落とした。

 5回で86球(50ストライク)を投げて7安打8奪三振4四球で7失点(自責7)。防御率は3.81となった。

関連記事(外部サイト)