日ハム、大谷の2試合連続タイムリーで勝ち越し ロッテ涌井から右前打

直後には二塁へ快足飛ばして野選誘う

 日本ハムの大谷翔平投手が18日のロッテ戦(札幌ドーム)で勝ち越しタイムリーを放った。

「3番・DH」でスタメン。同点の3回1死一、二塁だ。涌井の抜けたフォークを右前へライナーで打ち返した。二塁走者・西川が生還する2試合連続の適時打で勝ち越しに成功した。

 続く中田の三ゴロでは高くバウンドが弾む間に快足を飛ばして二塁へ滑り込んでセーフに。野選を誘い、同満塁のチャンスを呼び込んだ。バットでも足でもチームに貢献した。

関連記事(外部サイト)