【米国はこう見ている】ダルビッシュも7失点でPOへ不安? 地元紙がレ軍Wエースの乱調を“不安視”

【米国はこう見ている】ダルビッシュも7失点でPOへ不安? 地元紙がレ軍Wエースの乱調を“不安視”

レンジャーズ・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

右ダルビッシュと左ハメルズ、各最近5試合の防御率は合わせて6.63

 地区2位を争うアストロズとマリナーズに9.5ゲーム差をつけ、ア・リーグ西地区優勝へのマジックを5としたレンジャーズ。昨年フィリーズから左腕ハメルズを獲得し、今季は右腕ダルビッシュが右肘靱帯再建手術から復帰。レンジャーズ史上最強とも言われる先発1-2コンビの結成で、5年ぶりのワールドシリーズ進出に期待が掛かるが、ここへ来て小さな懸念が浮上してきた。頼みの1-2コンビのパフォーマンスが安定していない、というのだ。地元紙「ダラス・モーニングニュース」電子版が、その懸念について言及している。

 17日(日本時間18日)に本拠地でのアスレチックス戦で先発したダルビッシュは、5回を投げて自己ワーストタイの7失点を記録。チームは11-2と大敗した。その前日の16日(同17日)、試合はなんとか逆転サヨナラ勝ちを収めたものの、先発を務めたハメルズは6回で6失点とピリッとせず。進出はほぼ当確となっているプレーオフ(PO)では、強力な1-2パンチとして頼りにしたい2人が、ここ1か月ほど安定した投球をできていない。記事によれば、ダルビッシュとハメルズ、それぞれの最近5試合の成績を合わせてみると、2人の防御率は6.63に上るという。また、2人ともに負け試合は四球数が急増することも指摘している。

 左右のエースが見せた連夜の大量失点に、バニスター監督は「投手がしっかりしなければならないが、我々は2人を信じている。確かに、この2試合は大変だが、2人とも良い投手であると信じている」と、懸念と期待の入り交じる言葉を残したそうだ。

POの先発ローテはハメルズ→ダルビッシュで準備

 レンジャーズが左右のエースを武器にプレーオフを勝ち進んでいこうという計画は明白だ。本来は14日(同15日)に予定されていたダルビッシュの先発日を17日に変え、ハメルズ→ダルビッシュというプレーオフを睨んだローテを組んだ。準備は着々と進んでいるが、そう簡単に結果は伴わず。「(試合前から)感覚がよくなかった」と通訳を介して話したというダルビッシュは、「自分のフォームが分からなくなってしまった。投げる間にアジャストしようとしたが、全然できなかった」と、5回を投げて2被弾を含む7安打8奪三振4四球、自己ワーストタイ7失点という登板を振り返ったそうだ。

 バニスター監督は「毎回不安定というわけではない。確かに難しい部分もある。だが、登板し続けないと。私は2人がリズムを見つけ、調子を取り戻してくれると思う」と大いなる期待を込めたという。シーズンは残りわずかだが、元々持つ能力は飛び抜けている2人。限られた時間を最大限に生かして安定感を取り戻し,チームを30球団の頂点に導きたい。

関連記事(外部サイト)