日ハム、天敵・涌井を攻略で連勝 大谷勝ち越し打&レアード37号&高梨10勝

5連敗中だった涌井から4得点、高梨は新人王獲得へアピール

 日本ハムは18日のロッテ戦(札幌ドーム)で4-2で逆転勝ち。2連勝で2カードぶりの勝ち越しを決めた。首位ソフトバンクとは0.5ゲーム差のままだ。

 天敵・涌井を打ち崩した。1点を追う初回、大谷の併殺の間に同点に追いつくと、勝ち越し打も大谷のバットから生まれた。3回1死一、二塁。甘いフォークを右前適時打とした。

 4回には先頭レアードのリーグトップ37号ソロなど2点を奪取。涌井には13年8月7日からチーム5連敗中だったが、打線は9安打4得点をもぎ取った。

 投げては先発の高梨が6回3安打1失点。6月2日のヤクルト戦(札幌ドーム)から自身9連勝。初の2桁10勝目を挙げ、プロ3年目での新人王獲得へ大きくアピールした。

 19日は新人・加藤が先発。21日からのソフトバンク2連戦へ向け、3連勝で敵地・ヤフオクドーム乗り込みたいところだ。

関連記事(外部サイト)