中日ドラ1小笠原、7回途中無失点でプロ2勝目 ヤクルトはCS進出厳しく…

6死球も無失点に抑える、ヤクルトはバレが日米通算200号も3位DeNAがCSへ王手

 中日は敵地でヤクルトに8-1で快勝。ドラフト1位ルーキー小笠原が6回2/3を6四球も4安打無失点6奪三振に抑えて、プロ2勝目(5敗)を挙げた。ヤクルトは先発・山中が力投も、打線が援護できずに完敗。3位DeNAがクライマックスシリーズ(CS)進出へのクリンチナンバー「1」とし、ヤクルトは厳しい状況に追い込まれた。

 中日は初回、山中から荒木がヒットで出塁すると、2死から福田が2ラン。幸先よく先制した。

 小笠原は初回、先頭の坂口にヒットを許すも、山田を併殺に打ち取り無失点。2回は1死一、二塁で西浦、西田を空振り三振に切って取ると、3回は1死満塁のピンチでバレンティンを遊飛、鵜久森を空振り三振に仕留めた。

 4回は2死から西田に四球も、山中を空振り三振。5回は先頭から2連続四球で無死一、二塁のピンチを招いたが、山田を空振り三振、バレンティンをダブルプレーと、主軸2人を抑えた。

 6回はこの試合初めての3者凡退。すると、7回に打線が福田のタイムリー内野安打、高橋の中前適時打で3点を追加した。

 小笠原は7回、2死から坂口にストレートの四球を与えたところで降板。しかし、最後はピンチで又吉が山田を打ち取り、このイニングもスコアボードにゼロを並べた。

 中日は8回にも藤井の2点タイムリーで大きな追加点。その裏にはヤクルト・バレンティンに日米通算200号となるソロが飛び出したが、中日は8-1で勝利した。小笠原は9月4日の巨人戦のプロ初勝利に続き、自身2連勝。DeNAがCS進出へ王手をかけ、ヤクルトは厳しい状況に追い込まれた。

関連記事(外部サイト)