日ハム大谷、先制犠飛で3試合連続打点 「西川さんのナイスランでした」

初回に先制点を呼び込み「最低限の仕事」

 日本ハムの大谷翔平投手が19日のロッテ戦(札幌ドーム)で先制犠飛を放った。

「3番・DH」でスタメン出場。初回1死三塁。1ボール1ストライクから、二木のスライダーを逆方向へ高く打ち上げ、左犠飛で先制点を呼び込んだ。

 3試合連続打点。大谷は「西川さんのナイスランでしたね。チャンスだったので、最低限の仕事は出来たかなと思います」とコメントした。

関連記事(外部サイト)