【米国はこう見ている】前阪神・呉昇桓が快投で18セーブ目 カージナルス新人では歴代2位の記録に

【米国はこう見ている】前阪神・呉昇桓が快投で18セーブ目 カージナルス新人では歴代2位の記録に

カージナルス・呉昇桓【写真:Getty Images】

ワイルドカード圏内へ1ゲーム差、「ザ・ファイナル・ボス」がキーマンに

 前阪神のカージナルス・呉昇桓投手が18日(日本時間19日)、敵地でのジャイアンツ戦で1回無安打1奪三振と完璧な投球を見せ、今季18セーブ目を挙げた。3-0での勝利に貢献。カージナルスはワイルドカード圏内まで1ゲーム差につけている。

 呉昇桓は3点リードの9回に3番手で登板。先頭のベルトをスライダーで空振り三振に仕留めると、ヌネスもスライダーでニゴロ。最後はパニクをフルカウントから92マイル(約148キロ)の直球で右飛に打ち取り、締めくくった。

 股関節痛から8日ぶりの復帰登板となった前日は1点ビハインドの8回に登板し、3者凡退の好投を見せると、9回に味方が逆転。9回も無失点に抑えて5勝目を挙げていた。ワイルドカード進出争いのライバルを相手に2夜連続で好投し、プレーオフ進出争いを繰り広げるチームを牽引している。

 MLB公式サイトでは、この試合を伝える記事の中で「ザ・ファイナル・ボス」と題したコーナーを設け、呉昇桓の仕事ぶりを伝えている。

「カージナルスの守護神オ・スンファンは今月初の連投となった。怪我の影響を見せることなく、9回を3人で締めた。18セーブは目を挙げ、新人としてはカージナルス史上2番目に多いセーブ数となった」

 ルーキーながら、すでにワールドシリーズ制覇11度を誇る常勝球団で欠かせない戦力となっている右腕。6年連続でのプレーオフ進出へ、キーマンの一人となりそうだ。

関連記事(外部サイト)