ホークス本多が大谷から追撃のタイムリー

5回に1点差に迫る右前適時打

 ソフトバンクの本多雄一内野手が21日の日本ハム戦(ヤフオクドーム)で追撃のタイムリーを放った。

「2番・二塁」でスタメン。2点を追う5回1死一、三塁。2ボールから、大谷のスライダーを右前へ打ち返した。4試合ぶり打点となる適時打で1点差に迫った。

 一塁ベースでベンチへ向かってガッツポーズを作った。9月は試合前まで打率.306と好調をキープする2番打者。ホークス打線目覚めの一打となるか。

関連記事(外部サイト)