首位攻防戦で光った「怪物」の好投 直接対決2連戦は日本ハムが先勝

首位攻防戦で光った「怪物」の好投 直接対決2連戦は日本ハムが先勝

直接対決2連戦は日本ハムが先勝【写真:編集部、田口有史】

両軍の気迫がぶつかり合った一戦

 エースが導いた、大きな大きな1勝だ。北海道日本ハムが21日、先発・大谷の8回1失点の好投で福岡ソフトバンクに勝利。天王山の2連戦、初戦に勝利し首位に返り咲いた。22日、ソフトバンクとの最終戦に勝てば、優勝マジックが点灯する。

「投手戦になる。最少失点でいこうと思いました」。今季の優勝争いを大きく左右するであろう大一番。二刀流として覚醒した2016年シーズンを象徴するように、スコアボードに「8番・投手」として大谷の名前が灯った。「打席は気にしてなかった。どうやって抑えようかと思っていた」。160キロを超える直球と150キロに迫る変化球で、ホークス打線に立ちはだかった。

 1点差とされ、なお5回1死一、二塁という大ピンチ。中軸の中村晃、内川を相手にギアを変えた。その直前、無死一塁で細川のバント処理を失敗し、悪送球。「僕のミスで点が入ってしまった。同点にはさせないと頑張りました」。中村晃を二ゴロ、内川を遊ゴロ。結局、松田を含めたクリーンアップに対し、11打数無安打と抑えたことが大きかった。

 各選手の気迫が随所に見えた。2回1死一塁で38号2ランを放ったレアード。打たれたものの6回2失点と試合を作ったソフトバンク先発の千賀。そして最終回。2死二、三塁で江川がはじき返した打球は大きく舞い上がり、浅く守っていた日本ハムの守備陣の後ろを越えるかに見えた。抜ければサヨナラ間違いなしといった当たりだったが、中堅の陽が間一髪追い付くファインプレー。飛び上がって喜ぶ大谷のガッツポーズと同時に、試合終了が告げられた。

「怪物」の一面が垣間見えた瞬間

 死闘を勝ち抜いた日本ハムが残り8試合で首位に再浮上。「自分の出せるものをあそこに置いて来ようと思った」という魂のこもった投球を見せた大谷の果たした役割は大きい。6回2死一塁では左翼へ二塁打を放ち、二刀流としても結果を残した。

「この勝利は大きいですし、明日、ファンの皆さんと一緒に勝ちにいきたいと思います」とヒーローインタビューで笑顔を見せると、ヤフオクドームに駆け付けた日本ハムファンから大歓声を受けた。

 大仕事を果たしつつ、視線はすでに22日を見据えていた。「打席に立って、またここに戻って来られるようにしたい」と自らフル回転を約束。二刀流の翌日、疲労度は計り知れない。それでも涼し気に意欲を示したその姿はまさに「怪物」だった。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」編集部●文

関連記事(外部サイト)