SBは天王山2連敗で日ハムにマジック点灯許す 4番内川が得点機でブレーキ

日ハムと2ゲーム差、リーグ3連覇へ痛すぎる2連敗

 ソフトバンクが22日の日本ハムとの天王山第2戦(ヤフオクドーム)で2-5で敗れて2連敗。日本ハムと2ゲーム差に広がり、優勝マジック点灯を許した。

 4番・内川の得点機での凡退が響いた。1点を追う3回2死一、三塁では有原に空振り三振。5回2死一、二塁でもボテボテの投ゴロに抑えられた。この天王山2連戦では得点機で4度凡退。初回2死の右前安打、8回先頭でマルチ安打をマークしたが、チャンスで打てなかった。

 先発の武田は6回途中9安打3失点。ヤフオクドームでは4連敗となった。3番手・五十嵐は7回1死一塁で中田に右越え2ランを被弾した。

 リーグ3連覇へ痛すぎる2連敗。23日からは西武3連戦(西武プリンスドーム)に臨む。意地の見せどころだ。

関連記事(外部サイト)