日ハム、ベンチに武田勝の激励メッセージも連勝5でストップ

引退表明のベテランから「オレのために優勝しろ」との貼り紙

 日本ハムは23日の楽天戦(札幌ドーム)で2-4で敗れ、連勝が5でストップした。

 福岡からの移動試合。移動の疲れからか、打線が沈黙した。2回1死で田中賢が二塁内野安打を放ったものの、続くレアードが遊ゴロ併殺打。楽天先発の釜田に5回まで打者15人で抑えられた。

 4点差に広がった6回は1死満塁としたが、中島が見逃し三振。続く岡も一ゴロに倒れた。7回、1死二塁から陽岱鋼の左前適時打で1点。8回も2死二塁から岡の左翼線適時二塁打で2点差に迫ったが、反撃もここまでだった。

 先発のメンドーサは3回1死二塁で島内の打球を左太もも内側に受けるアクシデントがあった。4回無死一、二塁で茂木のバントを一塁へ悪送球。同満塁から今江の中前適時打を浴びるなど3安打3失点した。6回先頭ではウィーラーに中越えソロを被弾。8月2日のロッテ戦(QVCマリン)から自身4連敗となった。

 ベンチ内にはこの日、今季限りでの現役引退を表明した武田勝の「オレのために優勝しろ」との貼り紙がはられていた。24日は増井が先発する。仕切り直しの一戦としたいところだ。

関連記事(外部サイト)