ロッテ・サブローにバレンタイン、元同僚らがメッセージ 「優勝は最高のメモリー」

セレモニーでVTRメッセージ、巨人・高橋監督は「まさか同じユニフォームでプレーするとは」

 ロッテのサブロー外野手が25日、QVCマリンでオリックス戦で引退試合に臨み、現役最後の打席で右中間を破る二塁打を放った。「4番・DH」で先発出場し、4打数1安打3三振。9回からは、DHを解除して左翼の守備につき、1死後は角中と入れ替わって慣れ親しんだ右翼に入る粋なはからいもあった。

 試合後には引退セレモニーが行われ、「こんな私ですが22年もの間、愛してくださって、本当にありがとうございました」と話したサブロー。セレモニーでは、元チームメートら縁のある人物からVTRでメッセージも届けられた。その内容は以下の通り。

◯ボビー・バレンタイン氏(元千葉ロッテマリーンズ監督)

「みなさん、お元気ですか? ボビー・バレンタインです。1995年、僕が初めてマリーンズの監督の時、サブロー選手がドラフト1番でした。あれから22年、優勝は最高のメモリーですね。サブロー選手、おめでとうございます。本当にありがとうございました。バイバイ」。

◯巨人・高橋由伸監督(巨人時代のチームメート)

「サブロー、22年間本当にお疲れ様でした。まさかサブローと同じユニフォームを着てプレーするとは思ってもいませんでした。22年間のほんの数か月でしたが、一緒のチームでプレーをして、色々な話をして、特に野球の話になると熱く語るサブローが今でも印象に残っています。これからも現役生活は終わってしまいますけども、サブローの力を発揮する場所、必要とする場所が必ずこれからたくさんあると思いますので、これからもまだまだ頑張ってください。本当にお疲れ様でした」

◯宮本慎也氏(PL学園先輩、北京五輪予選チームメート)

「サブロー、22年間本当にお疲れ様でした。ドラフト同期として、PLの後輩として、いつも気に掛けて見ていましたが、目標である40歳まで本当によく頑張ったと思います。これからは野球界のために尽力をしてください。お疲れ様でした」

同い年の福永騎手は「あなたの持つ優しさに惹かれてお付き合いさせてもらってます」

◯稲葉篤紀氏(北京五輪予選チームメート)

「サブ、22年間本当にお疲れ様でした。北京オリンピック予選では、一緒に日の丸を背負って戦ったことを非常によく思い出します。これからサブのいろいろな経験をいろいろな方に伝えていってもらいたいと思います。本当に22年間お疲れ様でした」

◯福永祐一JRA騎手(同い年で05年に競馬雑誌にて対談後、親交を深める)

「サブロー、長い間お疲れ様でした。サブローとは競馬雑誌で対談してからなんで、もう10年以上になるかな。まさか、これだけ長く友達として付き合いを続けさせてもらえるとは思っていなかったですけど、あなたの持つ優しさに、見た目とは裏腹の優しさに惹かれてお付き合いさせてもらってます。今日はセレモニーも出席したかったんですけど、残念ながら今、中山競馬場で騎乗していて参加することは出来ませんでした。また近いうちに2人で一杯やりましょう! 本当にお疲れ様でした」

◯楽天・松井稼頭央外野手(PL学園先輩)

「サブ、22年間現役生活、本当にお疲れ様でした。サブとは高校からの、そしてプロ野球人生の中で本当に長い付き合いをしてきたと思っています。そういう意味では本当に人一倍、思い入れも強いし、引退されるのは非常に辛いですが、ファンのみなさんに愛され、また選手のみなさんに愛され、素晴らしい22年間を送ってきたと思います。これから第二の人生が来ますが、ファンのみなさん、そしてチームに少しでも恩返しできるように、これから第二の人生を歩んでいってください。本当に22年間お疲れ様でした」

元同僚の阪神・西岡「1番厳しく接してもらった先輩」

◯楽天・今江敏晃内野手(PL学園後輩、元チームメート)

「サブさん、22年間お疲れ様でした。サブさんは高校の先輩であり、プロ野球でも同じチームで、僕は14年間一緒にプレーさせていただきまして、本当にいろんなことを勉強させていただきました。その中でも2005年、2010年一緒に日本一になれたこと、本当に最高の思い出です。もうユニフォームを脱がれますが、これからも先輩として、そして僕も後輩としてまたよろしくお願いします。本当にお疲れ様でした」

◯ベニー・アグバヤニ氏(元チームメート)

「やあ、サブロー。ベニーです。長い間の活躍おめでとう、そしてお疲れ様でした。君と過ごした千葉での良い思い出がいっぱいあります。優勝した2005年のシーズン、そして共に戦った6年間。春季キャンプでの厳しい練習など本当にお疲れ様でした。今まで素晴らしい時間を過ごされたと思います。そして、いつも思い出して下さい。チーバ、ロッテ、マリーンズ!」

◯阪神・西岡剛内野手(元チームメート)

「サブローさん、22年間現役生活、お疲れ様でした。サブローさんと出会ったのは18歳のときでしたが、1番厳しく接してもらった先輩だと思います。1番僕の中で思い出に残っているのは2005年の優勝、そして2010年の優勝。そこまでにたどり着くまでに、僕がショートのポジションに守って打球を弾いたときにですね、その打球処理を素早くチンタラせず素早く捕りにいけとすごく怒られたのを、今でも頭の中に残っています。今シーズン、僕自身大きい怪我をしたときも、すぐに電話をしてくれて『ボロボロになるまで野球を続けろ』と言ってくれたのもサブローさんでした。この22年間、本当にお疲れ様でした」

関連記事(外部サイト)