日ハムM3も…延長決着で26日は大谷が欠場危機!? 栗山監督「難しくなった」

日ハム監督 大谷の起用悩む

日ハムM3も…延長決着で26日は大谷が欠場危機!? 栗山監督「難しくなった」

日ハムM3も…延長決着で26日は大谷が欠場危機!? 栗山監督「難しくなった」

日本ハム・栗山英樹監督【写真:田口有史】

大谷は打線に欠かせない存在も…「壊れちゃうのは分かっているから」

 大谷、欠場危機? 日本ハムの栗山英樹監督が25日、大谷翔平投手の26日オリックス戦(京セラドーム大阪)での起用法について、「難しくなったね。そこは考えます」と表情を曇らせた。

 大谷はこの日の楽天戦(札幌ドーム)で「3番・DH」でスタメン出場。初回2死の左前安打でシーズン100安打に到達すると、1点差の8回2死三塁ではミコライオから同点の中前タイムリー。延長11回は先頭で中越え二塁打を放ち、2死三塁から福山の暴投でサヨナラのホームを踏んだ。

 今季9度目の猛打賞。打線には欠かせない存在だが、栗山監督は二刀流の今後の起用法について頭を悩ませた。

「難しくなったね。難しくなった。この連戦が続く中で。お互いに(ソフトバンクも)連戦が続くからいいんだけど。そこは難しいというのは元々あって…そこは考えます。(無理させると)壊れちゃうのは分かっているから」

3時間48分のロングゲームで移動できず、26日は「移動ゲームじゃなかったら使っていた」

 日本ハムは当初、この日の試合後に大阪入りする予定だった。だが、試合は3時間48分の“長期戦”に。この日のうちの移動を諦めた。26日は札幌から大阪に移動後、オリックス戦に挑むことになる。

「移動ゲームじゃなかったら、使っていたと思う。だからって、使わない、ということではなくて。考えます」

 優勝マジック3。最短Vは27日と歓喜のゴールテープが見えてきている。レギュラーシーズン残り4試合について、大谷は「勝つだけなので、一戦必勝で全員野球で頑張ります。(優勝は)出来る限り早く決めたい」と意気込んでいる。栗山監督がどのような決断を下すか注目だ。

関連記事(外部サイト)