マーリンズのエース右腕フェルナンデスがボート事故で死去 24歳の若さ

マーリンズのエース右腕急死

マーリンズのエース右腕フェルナンデスがボート事故で死去 24歳の若さ

マーリンズのエース右腕フェルナンデスがボート事故で死去 24歳の若さ

マーリンズのエースとして活躍していたホセ・フェルナンデス【写真:Getty Images】

現地時間25日未明、ブレーブス戦は中止に

 マーリンズはエース右腕、ホセ・フェルナンデス投手が急死したことを発表した。

「マイアミ・マーリンズはホセ・フェルナンデスの悲劇的な死去に打ちひしがれています。我々はとても困難な状況にいる彼の家族に祈りを捧げます。今日のブレーブス戦はキャンセルになりました」

 球団は声明を発表。米スポーツ専門テレビ局ESPNによると、地元警察は午前3時に船舶事故の通報を受けたという。マイアミビーチの岩礁に衝突した30フィート(約9メートル)のボートを当局は発見。3名が死亡していたという。現在も警察当局は生存者を捜索している。

 24歳の若さでこの世を去ったフェルナンデスはキューバ出身の若きエース。2013年のナ・リーグ新人王。今季は29試合に先発し、16勝8敗で防御率2.86とリーグを代表する左腕だった。同僚のイチロー外野手を敬愛し、「キューバでは神様」と心酔していた。チームにとっても悲劇となった。

関連記事(外部サイト)