キューバ亡命のマ軍急逝右腕が残した言葉「自由が本当に意味すること」

キューバ亡命のマ軍急逝右腕が残した言葉「自由が本当に意味すること」

マーリンズのエースとして活躍していたホセ・フェルナンデス【写真:Getty Images】

ボートに乗ってキューバを脱出、溺れる母を救助しながら4度目で成功

 25日早朝(日本時間同日午後)に起きたボート転覆事故で急逝したマーリンズのホゼ・フェルナンデス投手について、記者会見に出席したサムソン球団社長は「彼が歩んだ人生は、希望を象徴するストーリーだった」と涙ながらに語った。

 知人2人と乗ったボートがマイアミビーチ付近にある岩の突堤に激突し、24歳という若さで逝去したフェルナンデス。キューバで生まれ育った右腕は、メジャーリーガーになりたいという夢を追い、何度も亡命を試みた。小さなボートに鈴なりの人の山。文豪ヘミングウェイが住んだフロリダ州キーウェストからキューバまでの距離はわずか90マイル(約145キロ)だが、届きそうで届かない。沿岸警備隊に捕まるなどして3度失敗し、強制収容されたこともあるという。15歳で臨んだ4度目の挑戦で、ついに成功。途中、荒波でボートから海へ振り落とされ、おぼれかけた女性がいた。その姿を見たフェルナンデスが、海に飛び込んで必死の思いで助け上げてみると、なんと女性は自分の母親だったという衝撃のエピソードもある。

 無事亡命に成功し、フロリダ州タンパで通い始めた高校では、もちろん野球に没頭した。高校では必死に英語を勉強する一方で、折り紙付きの実力を武器に、ハイレベルと言われるフロリダ州の高校球界でメキメキと頭角を現した。2011年ドラフトでマーリンズが1位指名。同じく記者会見に出席したヒル強化担当責任者は「高校3年の時、ホゼの家のキッチンでテーブルを囲み、契約に臨んだことが思い出される」と話すと、涙で言葉を詰まらせた。

 キューバからの亡命者やキューバ系アメリカ人の多いマイアミで、フェルナンデスは英雄的存在だった。デビューした2013年に12勝6敗、防御率2.19の好成績で新人王を獲得。90マイル台後半(150キロ台後半)の豪速球で三振の山を築き上げる姿は、母国での生活を捨てて新天地で自由と活躍の場を求めるキューバ系住民、そして広くラテンアメリカ系住人にとって、まさにスーパーヒーローだった。

球団社長「彼の歩んだ人生は、希望を象徴するストーリーだった」

 右ひじ靱帯再建手術から復帰した2015年、先発日にマウンドへ上がる時の曲はWiz Khalifaの「See You Again」を使った。映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」の主題歌でもあったこの曲は、同作に出演しながらクランクアップ前に自動車事故で亡くなった俳優ポール・ウォーカーに対するトリビュートの思いを込めて作られたもの。先に逝った親友に対して「次に会う時、これからくぐり抜けることや家族のこと、いろいろ話するよ」と語りかける歌詞なのが、今となっては切ない。

 今季は16勝8敗、防御率2.86、253奪三振という圧倒的なパフォーマンスを見せていたフェルナンデスは、努力と勇気で自分の夢を実現させた見本であり、アメリカンドリームを体現した人物でもあった。サムソン球団社長は「ホゼはこの国で野球をするために、3度(亡命に失敗して)捕まっている。野球に対する愛、情熱、リスペクトはもちろん、チームやチームメイト、家族に対する愛情は絶大だ。彼の歩んだ人生は、希望を象徴するストーリーだった。誰1人として彼のストーリーを風化させることはない」と力を込めて語った。

 球団社長には、もう1つ忘れられない言葉があるという。フェルナンデスは「生まれながらにして自由だったあなた達には、自由が本当に意味することが何かは分からない」と繰り返し言ったそうだ。そう語りかけるフェルナンデスの姿を思い出したのか、球団社長は「自由を手に入れるために戦う彼らの気持ちは、私たちには到底理解できないものだ」と涙をぬぐいながら言った。

 母国を離れて自由の国・アメリカに腰を据えた右腕は、昨年念願の市民権を手に入れた。長年付き合った彼女は現在妊娠中で、近々かわいい女の子を両腕に抱く予定だった。ようやくつかんだ自由。これから始まる家族生活。やはり、その死は早過ぎた。

関連記事(外部サイト)