急逝のマ軍エース右腕に捧げる涙の先頭打者弾 「誰かが力を貸してくれた」

急逝のマ軍エース右腕に捧げる涙の先頭打者弾 「誰かが力を貸してくれた」

今季1号の先頭打者弾を放った、マーリンズのディー・ゴードン【写真:Getty Images】

事故後初の試合で4安打でゴードン「彼のためにホームランを打った」

 マーリンズは26日(日本時間27日)、本拠地でのメッツ戦に7-3で勝利した。25日未明にエース右腕、ホセ・フェルナンデス投手(享年24)がボート事故で急逝後、初の試合で快勝。今季1号の先頭打者弾を含む5打数4安打2打点と大活躍したリードオフマンのディー・ゴードン内野手は、試合後に地元テレビ局「FOXスポーツ・フロリダ」のインタビューで「神は信じないけど、誰かが力を貸してくれた」と沈痛の面持ちで話した。

 ゴードンは初回、先頭で打席に立つと、右打席に立った。「彼の背番号を付けたヘルメットを持って行ったよ。彼のバッティングに似せようとしたんだ。彼が喜んでいると願っているよ」。初球はフェルナンデスに捧げるため、見送り。ヘルメットを自分のものに取り替えて、本来の左打席に立つと、メッツ先発コロンの3球目を振り抜いた。

 打球はグングンと伸び、左翼席の2階部分へと飛び込んだ。ゴードンはうつむき、肩を震わせながらダイヤモンドを一周。ホームベースを踏んでから左胸を2度叩いて天を見上げると、目には涙が光っていた。ダグアウトに戻り、同じように涙を浮かべる同僚たちと号泣して抱き合った。

「神は信じないんだけど、あんなに遠くにボールを飛ばしたことはない。誰かが力を貸してくれたんだ。(ダグアウトでは)人生最高の瞬間だった。僕には子供がいない。だから、彼のためにホームランを打った時は人生最高の瞬間だった」

天国に捧げる勝利、「本当にタフだけど、家族の辛さに比べたらちっぽけなもの」

 ゴードンは2打席目にもタイムリーを放つと、さらに2安打をマークして今季初の4安打。フェルンナンデスに勝利を捧げた。試合後には選手・スタッフ全員が、「16」と書かれたマウンドの周りに集まり、肩を組んで祈った。全員が帽子をマウンドに置くと、そのまま膝をついて泣き崩れる選手もいた。

 試合前にはセレモニーが行われ、マーリンズとメッツの選手、そしてスタジアムのファンがエース右腕を追悼した。マーリンズは、全員が背番号16のユニホームを着用。セレモニーでは黙祷が捧げられ、その後、スクリーンでフェルナンデスの思い出の写真が紹介された。エース右腕の登場曲が流れる中、ほとんどの選手が涙を流しながら初回の守備についた。そして、ゴードンの一発で、ナインは感情を抑えることなく号泣した。

 試合後、ゴードンは「FOXスポーツ・フロリダ」のインタビューで「わからない、わからないよ。正直言うと、僕らがどうやって試合に臨んでいたかわからない」と胸中を明かした。そして、シーズン残りの試合に向けては「本当にタフだよ。でも、家族の辛さに比べたらちっぽけなものだ。僕はただ彼らのためにプレーするんだ」と誓っていた。

関連記事(外部サイト)