リーグ3連覇逃したホークス王会長、CSへ「しっかり戦っていくしかない」

長谷川も「切り替えていく」

 リーグ3連覇を逃したソフトバンクの工藤監督は28日のロッテ戦直後にベンチからスタンドに向かって深々と頭を下げた。

 ロッテに5点差をつけ勝利目前の状況で、日本ハムが西武を破った結果を知らされた。QVCマリンに姿を見せていた王球団会長は、さすがに無念の思いは隠せず、「(一時は11.5ゲーム差をつけ)これだけの結果を出したのだから、これからも自分たちのゲームで戦っていくしかない。CSがあるわけだし、これから体調を整えてしっかり戦っていくしかない」と話した。

 4回と7回、2打席連続アーチを放った選手会長の長谷川は「(優勝できなくて)残念だが、残り(公式戦)2試合、ホークスらしい堂々とした野球をやりたい。難しいでしょうが、しっかり(気持ちを)切り替えていく」とインタビューに答えていた。

関連記事(外部サイト)