ヤクルトのドラ2廣岡、現役最終登板のDeNA三浦からプロ初打席で初本塁打

「8番・遊撃」で先発して初打席で1号

 ヤクルトのドラフト2位ルーキー・廣岡大志内野手が29日、敵地DeNA戦に「8番・遊撃」で先発出場し、現役最終登板の三浦大輔投手からプロ初打席で初本塁打を放った。

 1-1で迎えた2回、1死一、三塁で、DeNA三浦のフォークを捉えた。打球はライナーで左翼席へ。プロ初打席で1号3ランをマークした。

 三浦の現役最終登板。プロ野球新記録の24年連続勝利がかかる一戦で、ヤクルトのルーキーが輝きを放った。

関連記事(外部サイト)