現役生活に幕下ろした西武・岡本篤 「一番の心残り」と引退後の「楽しみ」

最後は直球勝負で空振り三振、同僚の気配りに「泣きそうになった」

 28日に引退会見を行った西武・岡本篤志投手は同日に行われたシーズン最終戦の7回に登板した。日本ハム大野奨太に対し、渾身の141キロ直球。「相手も、最後は完全に気を遣って振ってくれたと思う」。謙遜気味に苦笑したが、三振という最高の形で現役生活に幕を下ろした。

 ラッキーセブンのセレモニーが終わり、7回のマウンドへ。ブルペンを出た瞬間から、次々と熱いものが込み上げてきた。

「ベンチの(渡辺)直人さんが、わざわざ外野手とのキャッチボールに出てきてくれたり、マウンドでは、クリ(栗山巧)が待っていてくれたり。あれには泣きそうになってしまった」

 外野手(左翼)である栗山が、手でプレートの土を払い、足場を均し、“最後の舞台”を清めて迎えてくれた。白球を受け取り、“グータッチ”を交わすと、さすがに目を赤くせずにはいられなかった。

「でも、ここで泣いたらあかんと思って。クリとは13年間丸々一緒やったし、直人さんとは、期間こそ長くはないですけど、日頃かなりお世話になっている先輩なので、本当に嬉しかったです」

 彼らの男気に応えるべく、最後の一打席は、4球すべて直球勝負を貫いた。

 セレモニーで胴上げされ、ユニフォームを脱いだ背番号22は「日本ハムさんの優勝が懸かっている中、申し訳ない気持ちもありましたが、『引退登板』という、最後にファンの皆さんの前で投げさせてもらえる花道を作っていただき、球団には感謝しかありません」と、改めて深い謝意を語った。

引退後は未定も「野球に携わっていきたい」

 そして、「一番の心残りは、成績も大して良くなかった中でも僕を信じて、2012年にブルペン・リーダーに指名して期待をかけてくれた、当時の監督だったSD(渡辺久信シニアディレクター)を、自分の手で胴上げできなかったこと。あとは、股関節を骨折した時(08年)、球団に面倒をみてもらったので、何とか成績で恩返しできればと思っていたので、そこからは毎年、『今年が勝負』だと思い、1日1日を大事に、野球と向き合って過ごせた」と、しみじみプロ13年間を振り返った。

 現時点で今後は未定だというが、「野球に携わっていきたい」と、会見で口にした。一方で、「今までの人生35年、ほぼほぼ野球しかやってこなかったので、楽しみもあります」と、自身の未知なる可能性に期待も寄せる。

 いずれにしても、「世界一のチーム」と評したライオンズで過ごした13年間が、かけがえのない財産であることは言うまでもない。その誇りを胸に、新たな人生をスタートさせていく。新境地での大いなる活躍に期待したい。

上岡真里江●文 text by Marie Kamioka

関連記事(外部サイト)