SB松坂、初登板へ向けて1軍投手練習に参加「しっかり投げられるように」

SB松坂、初登板へ向けて1軍投手練習に参加「しっかり投げられるように」

ソフトバンク・松坂大輔【写真:藤浦一都】

同級生の和田も激励「苦しんできた気持ちはすごくわかる。チャンスは努力の賜物」

 1日、仙台への移動を前にヤフオクドームで行われたソフトバンクの投手練習。その中に、2日の楽天戦(Koboスタ宮城)で登板が予定されている松坂大輔の姿もあった。アップから体幹系トレーニングを経て、最後は遠投を交えたキャッチボールも披露。アップ中には同級生の和田毅とにこやかに会話する姿も見られた。

 日本球界復帰後初の1軍登板に向けて、松坂は「しっかり投げられるようにしたい」と話した。

 久しぶりに一緒に練習した和田は「大輔が苦しんできた気持ちはすごくわかる。(1軍で)投げるチャンスがあるのは自分の努力の賜物。ボクにとってもうれしいこと」と語る。

 いよいよ平成の怪物が杜の都で復活を果たす。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

関連記事(外部サイト)