阪神 筒井や二神らに戦力外

阪神が筒井、鶴、二神、一二三ら9選手に戦力外通告

筒井は自由枠、鶴と二神はドラフト1位

 阪神は1日、筒井和也投手、小嶋達也投手、坂克彦内野手、柴田講平外野手、鶴直人投手、二神一人投手、岩本輝投手、一二三慎太外野手、佐村トラヴィス幹久投手に対して、来季の契約を結ばないことを伝えたと発表した。

 筒井は2003年のドラフト自由枠で阪神に入団。プロ通算221試合に登板し、8勝6敗3セーブ29ホールド、防御率3.87の成績だった。鶴は05年の高校生ドラフト1位。通算117試合登板で9勝8敗6ホールドだった。

 二神は09年のドラフト1位も通算27試合の登板で戦力外に。一二三は10年のドラフト2位で入団し、11年シーズン終了後に外野手にコンバート。しかし、怪我もあって1軍昇格はならず、15年シーズン終了後は育成契約に。今季は6月まで独立リーグ石川に派遣されていた。

関連記事(外部サイト)