SBバンデンハークが最終戦に先発「いい球と悪い球を微調整して臨めれば」

SBバンデンハークが最終戦に先発「いい球と悪い球を微調整して臨めれば」

ソフトバンクのバンデンハーク【写真:藤浦一都】

CSの登板については「いつ投げるのかは聞いていない」

 ソフトバンクは2日、仙台での楽天戦でレギュラーシーズンの全日程を終える。そのチーム最終戦の先発マウンドを託されたのはバンデンハークだ。1日の練習に参加したバンデンハークは、終始リラックスムード。武田翔太や千賀滉大を相手に「あっちむいてホイ」で遊ぶシーンも見られた。

「前回の登板ではストライクとボール、いい球と悪い球がはっきりしていたので、微調整して臨めれば、と思う。前回よりは登板後の感覚もいいよ」

 2日の先発後、中7日がCSファーストステージの2戦目にあたるが、CSの登板については「いつ投げるのかは聞いていない」という。

「まずは明日(2日)きっちりと自分のピッチングができるようにがんばるよ」

 楽天戦の登板は、開幕第2戦の3月26日以来となるが、チームに有終の美をもたらすピッチングを期待したい。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

関連記事(外部サイト)