イチローは来季も不可欠!? マ軍監督「我々が望む役割を他に任せるのは困難」

イチローは来季も不可欠!? マ軍監督「我々が望む役割を他に任せるのは困難」

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

地元紙予想は球団が保持する契約延長オプションの行使

 メジャーリーグは2日(日本時間3日)にレギュラーシーズンの全日程が終了。イチロー外野手が所属するマーリンズは終盤戦までプレーオフ進出を争ったが、最後はワイルドカード2位のジャイアンツに7.5ゲーム差と離され、借金3でシーズンを終えた。地元紙「サン・センチネル」はマーリンズの2016年シーズンを総括した上で、イチロー外野手については球団が保持する契約延長オプションを行使すると予想。さらに、ドン・マッティングリー監督が、イチローと同じ役割をこなせる選手は他にいないと明言していることを伝えている。

 マーリンズにとって、2016年シーズンで最も大きな出来事となったのは、エース右腕の悲劇の死だ。ホセ・フェルナンデス投手が9月25日にボート事故で急逝。マイアミは大きな悲しみに包まれ、チームには埋めることの出来ない穴ができてしまった。

 記事では、「クラブの顧問団は解決困難な問題に直面することになりそうだ」と指摘。「ポストシーズン進出はならなかったものの、マーリンズの選手たちは大きな進歩を見せた。ドン・マッティングリー監督は今シーズンを“足がかり”と表現した」と伝えた上で「しかし、9月25日に起こった、24歳のエース、ホセ・フェルナンデスの死がすべてを変えた」と言及している。

「同僚、そして父となるはずだった人間の突然死は悲劇でしかない。球界一の投手を失い、マーリンズ首脳陣は対応に追われている。この投手の死により、今季マイアミの良い点も色褪せたばかりか、2017年のプレーオフ進出に対する疑問も生まれてくる」

フェルナンデスの悲劇は「大きな穴を残していった。心だけでなく、クラブにも」

 死去する5日前には婚約者の妊娠を発表していたフェルナンデスの急死。後日のメッツ戦では試合前にセレモニーが行われ、ほとんどの選手・スタッフが涙を堪えられなかった。あまりにも悲しい出来事となったが、チームとしても大きな痛手となったことは事実。マッティングリー監督は「ホセは大きな穴を残していった。心だけでなく、クラブにも。代わりなんているのか?」と話したという。

 さらに、記事では、順調にいったこととして「イエリッチの急成長」「若い投手陣の台頭」「ベンチ、フロントに安定感」の3つを挙げ、一方で順調にいかなかったこととしては「二遊間の得点力」「チェン・ウェインが機能しなかった」と列挙している。

 昨オフに5年8000万ドル(約82億円)の大型契約で獲得した元中日の左腕チェンについては「フェルナンデスに次ぐ投手になるはずだった。しかし、そうはならなかった」と厳しく指摘。「防御率4.96、WHIP(1イニングあたりの安打+四死球)1.28を記録し、被安打数そして被本塁打数は自身過去ワーストの数字となっている。加えて、肘の張りにより2か月、戦線離脱している。1シーズンで評価されることはないが、良い第一印象を残すことが出来なかった」と振り返っている。

 そして、「これからのこと」という項目で挙げられているのが、イチローだ。今季はメジャー通算500盗塁、日米通算安打数でのピート・ローズのメジャー最多安打記録(4256本)更新、史上30人目のメジャー通算3000安打など数々の偉業を達成。また、143試合に出場して最終戦でメジャー通算2500試合出場となり、打率.291の好成績を残した。

「若手選手に生きるレジェンドの姿を見せるのは価値のあること」

 イチローは昨オフ、1年契約に球団が2017年の契約延長オプションを保有する形でマーリンズと再契約を結んでいたが、同紙は「2017年、イチローに対する(年俸)200万ドル(約2億500万円)のオプションは行使されるだろう」と指摘。球団公式サイトも、2日(同3日)に「彼ら(マーリンズ)はそれ(契約延長オプション)を今週のどこかで行使するだろう」と伝えていた。

「サン・センチネル」は「今シーズン、彼は打率.291、出塁率.354、長打率.376という数字を残している。そして、3つの外野ポジションで2桁試合出場を果たした。また、若手選手に生きるレジェンドの姿を見せるのは価値のあることだ」とイチローの“存在価値”に改めて言及。マッティングリー監督が「イチは並外れていた。我々が望んだ役割を彼以外に任せるのは困難なことだと思う」と絶賛したことも紹介している。

 今月22日に43歳の誕生日を迎えるが、イチローは唯一無二の存在であり続けている。そして、マーリンズはその力を来季も必要不可欠だと考えているのは確かなようだ。

関連記事(外部サイト)