日ハム増井が7年目で月間MVP初受賞 「縁のないものだと思っていた」

日ハム増井が7年目で月間MVP初受賞 「縁のないものだと思っていた」

日本ハム・増井浩俊【写真:田口有史】

9月は5勝0敗、防御率1.10

 7日に9月度の「日本生命月間MVP賞」が発表され、パ・リーグの投手部門で日本ハムの増井浩俊投手が選出された。プロ7年目で初受賞。9月は5試合を投げ、5勝0敗、防御率1.10の好成績を収めた。また日本ハムからは通算70度目、今年は5月度のブランドン・レアード内野手、6月度の大谷翔平投手、7月度の有原航平投手に続いて4人目の受賞。

 増井は「自分には縁のないものだと思っていたので、選ばれて本当にうれしい。リリーフが獲るのは難しいと思っていたので(開幕時には)まったく想像ができなかったです。先発をやらせてもらって、(受賞の)チャンスをもらえた。(印象に残る登板は)最後の10勝目です。武田勝さんの引退試合だったし、自分は短いイニングだったけど、後ろで投げてくれた若い投手が抑えてくれて、勝ち星がつきましたから」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)