ダルビッシュ有、大一番へ 因縁の対決も、“雄叫び”が「彼の最高の状態」

ダルビッシュ有、大一番へ 因縁の対決も、“雄叫び”が「彼の最高の状態」

レンジャーズ・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

負けられない一戦で先発へ、バニスター監督は“雄叫びのススメ”!?

 メジャーリーグはポストシーズンの地区シリーズが6日(日本時間7日)に開幕。レンジャーズはブルージェイズに本拠地で1-10と大敗し、黒星スタートとなった。7日(同8日)の第2戦は、ダルビッシュ有投手が先発。ジェフ・バニスター監督は「雄叫び」が日本人右腕の調子のバロメーターだと地元メディアに明かしている。

 悲願の世界一へ、いいスタートを切りたかったレンジャーズだが、まさかの大敗スタートとなった。地区シリーズ初戦の先発を任された今季15勝のエース左腕ハメルズが、4回途中6安打7失点(自責6)と炎上。4回までに0-7と大きく引き離され、あっさりと敗れた。

 第2戦も負けることがあれば、王手をかけられた状態で敵地での第3、4戦を戦うという、絶望的な状況に追い込まれる。苦境を脱するため、ダルビッシュの投球には大きな期待がかかるが、地元紙「スターテレグラム」は「感情を露わにした時のダルビッシュは、より優れている」とのタイトルで特集記事を掲載した。

 記事では「エキサイトしたユウ・ダルビッシュが最高のユウ・ダルビッシュだ、とレンジャーズのバニスター監督は見る」と紹介。ピンチの場面や、試合終盤で三振を奪ったときに見せる感情のこもった「雄叫び」は、もはやダルビッシュのトレードマークとも言えるが、同紙は「マウンド上で感情を露わにしている時が最高の状態だ」と指摘する。

因縁のブルージェイズ戦も、指揮官は「ダルビッシュがエキサイトしてる姿を見るのが好き」

 レンジャーズとブルージェイズは、昨年のプレーオフでの対決をきっかけに、今季のレギュラーシーズンで大乱闘に発展するなど“因縁の対決”となっている。マウンド上で感情を出すことは、メジャーでは時に挑発行為や、無礼と取られることもある。特に、ルーキーや若手投手などは雄叫びやガッツポーズが生意気だとして報復行為を受けることもあるが、ダルビッシュはすでにメジャー屈指の投手として地位を確立。ド派手な「雄叫び」は、魅力の1つと捉えられている。

 記事の中で、バニスター監督は「ダルビッシュがエキサイトしている姿を見るのが好きなんだ。彼の最高の状態だと思う。精神的、身体的にも彼の現状に満足しているよ」と話している。日本人右腕がマウンド上で感情を露わにすればするほど、レンジャーズは勝利に近づくことになりそうだ。

 同紙はさらに、ダルビッシュがメジャー1年目の2012年にワイルドカードゲームに登板して、オリオールズ相手に6回2/3を5安打3失点(自責2)で敗戦投手になったことや、ブルージェイズに地区シリーズで敗れた昨年は右肘手術後のリハビリ中でマウンドに立つことが出来なかったことなどを紹介。本人は通訳を介して「投げたかったんです」と昨季のプレーオフについて語り、「今年、身体に問題はありません。準備はできています。嬉しいことです」と自信を漂わせたという。

 シーズン途中に復帰した今季は、最後の2試合で計13イニングを投げて5安打1失点21奪三振2四球と圧倒的なピッチングを見せ、2連勝で締めくくった。上り調子で大一番に挑むダルビッシュはオリオールズに敗れた4年前から「精神的にも身体的にも強くなったと思います」と話したという。メジャー屈指の右腕として、その実力を見せつけたいところだ。

関連記事(外部サイト)