SB柳田、CS間に合った 「状態は100%ぐらいかな。野球ができてうれしい」

SB柳田、CS間に合った 「状態は100%ぐらいかな。野球ができてうれしい」

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

8日から選手会長・長谷川は淡々「勝ち上がるホークスを見せる」

 7日、ソフトバンクは最後の全体練習を行い、練習後に長谷川勇也と柳田悠岐の2人が8日からのCSファーストステージ(対ロッテ)への意気込みを語った。

 落ち着いた表情の選手会長・長谷川勇也は「明日になれば気持ちが湧いてくるんじゃないかと思う」と語り、「しっかりとした準備」を強調した。

「試合は試合、ルールが変わるわけではないので、レギュラーシーズン同様にやっていきます。しっかりと準備をしたら、あとはグラウンドで思い切ってやるだけ。短期決戦は(気持ちを)引きずってしまうとズルズルといってしまいますが、しっかりと準備をすることで切り替えも早くできると思います。とにかく目の前のプレーを全力でやるだけです」

 昨シーズン、リーグ2連覇を成し遂げたソフトバンクにとって、CSファーストステージの戦いは2012年(シーズン3位)以来となるが、長谷川は初めての2位からの日本一を目指すと語る。

「ファーストステージに勝ってファイナルステージも勝ち上がって、日本シリーズにいく。そんなホークスもたまにはいいんじゃないかと思います。(過去には)CSで敗退することもあったので、今年はファーストステージから勝ち上がって日本一に昇り詰める、そんなホークスを見せたいなと思います」

柳田は悔しさぶつける、ロッテ戦へ「簡単な戦いではない」

 長谷川も「彼が戻ってきてくれたのは大きい」と語る柳田悠岐。3日からの宮崎フェニックスリーグで実戦復帰し、6日の全体練習から1軍に合流し、紅白戦ではヒットも放った。

 8日からの試合については「久々の1軍の試合なんで、楽しみな感じです」と、素直な気持ちを口にした。

「状態は100%ぐらいかな、と思います。(実戦を経験して)意外にできるなと思ったし、ずっと野球ができなかったので、野球ができてすごくうれしい気持ちがありました」

 チームを離れた1か月の間に「リフレッシュしました」と語る柳田だが、試合に出られない悔しさは大きかったはずだ。ただ、CSファーストステージでぶつけるのは、1年分の悔しさだという。

「優勝できなかったし、ケガしてないときも悔しい思いをしていたので、そういう思いをぶつけたいと思います。(ロッテは)短期決戦にも強いし、出てくるピッチャーはみんないい。簡単な戦いではないと思いますが、しっかり自分たちのプレーをすればチャンスはあると思います。(離脱していた)1か月分を取り返すのは無理ですが、目の前の試合でしっかり貢献したいです」

 帰ってきた3番打者と、終盤にようやく調子を上げてきた5番打者。この2人がCSの打のキーマンとなることは間違いないだろう。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

関連記事(外部サイト)