元阪神のカージナルス呉昇桓、WBCの韓国代表第1次エントリーから外れる

元阪神のカージナルス呉昇桓、WBCの韓国代表第1次エントリーから外れる

カージナルス・呉昇桓【写真:Getty Images】

韓国地元紙が報じる、他の5人のメジャーリーガーはメンバー入り

 カージナルスでプレーする元阪神守護神の呉昇桓投手が、来年3月の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の韓国代表第1次エントリーから外れたと、韓国紙「朝鮮日報」が報じている。

 記事によると、韓国野球委員会は6日にWBCの第1次エントリー50人を発表し、その中には5人のメジャーリーガーが含まれていたという。レンジャーズの秋信守外野手、パイレーツの姜正浩内野手、オリオールズの金賢洙外野手、マリナーズの李大浩内野手、ツインズの朴炳鎬内野手で、呉昇桓はメンバーから漏れている。

 阪神を自由契約となり、カージナルスに1年契約で加入した呉昇桓は今季、中継ぎとして開幕を迎えた。しかし、守護神のローゼンタールが不調だったため、前半戦終盤からはクローザーに。76試合に登板して6勝3敗19セーブ、防御率1.92と圧巻の成績を残した。30試合以上を締めくくるという条件をクリアしたことで、来季契約は自動更新となっている。

昨オフの賭博問題で選考から除外!?

 しかし、韓国代表からは漏れる形に。記事によると、昨オフの賭博問題が影響したという。「賭博問題のため、同投手は選考から除外されたと韓国野球委員会は説明した。2014年マカオでの違法賭博により、呉は今年の頭に罰金を科せられている」。このように言及している。

 一方で、呉昇桓と同じく賭博問題で罰金を課せられた元ヤクルトの林昌勇投手は予備登録メンバーに入ったが、韓国野球委員会は「林はレギュラーシーズンの半数が出場停止となった。しかし、呉は米国にいるためまだ罰せられていない」と説明したという。

 今後、ロースター変更の可能性は残されているというが、メジャーでもクローザーとして実力を見せつけた呉昇桓が不在となれば、初優勝を目指す韓国としては大きな戦力ダウンとなりそうだ。

関連記事(外部サイト)