3本のアーチに泣いた巨人バッテリー 悔やまれる筒香への1球

ダメージ大きい3被弾で黒星、勝敗分けた1球

 リーグ2位の巨人はクライマックス第1ステージで3位DeNAに敗れた。9日の第2戦で敗れれば、今季の戦いが終了する。8日の初戦はDeNAの3発の前に沈んだ。最終回、今年初めて1番に座った坂本勇人の左翼への特大アーチで意地を見せたが、バッテリーが打たれた本塁打がどれもすべて痛かった。

 1点リードの3回。巨人先発のマイコラスは2アウトまで簡単に奪った。ボールも走っていた。しかし、第1打席で内角攻めでうまく二ゴロに打ち取っていた梶谷にソロを浴びた。2死からの油断からか、外角球が甘く入る失投だった。そして6回。2死からロペスに左前安打を浴びた後、4番の筒香に逆転弾をくらった。

 ここまでの2打席は完璧に抑え、マイコラスの表情には自信があった。しかし、カウントが3ボール1ストライクと悪くなった。逆転2ランは絶対に避けなくてはいけない場面。相手はセ・リーグの本塁打、打点の2冠。バッテリーの中で選択した決め球はチェンジアップだった。

 捕手・小林の頭の中には四球で歩かせてもいいという思いもあっただろう。ただ、マイコラスには四球で歩かすという感覚よりもタイミングを外して打ち取るという負けん気の強さがあった。結果、バッテリー間の迷いの見えたボールは筒香の餌食となり、ライトスタンドへと消えた。

CSでオーダー変更と勝負に出た巨人だが…

 9回には澤村が先頭のロペスに左翼席へソロを被弾。点差は2点に広がり、DeNAに勢いがついた。梶谷、筒香、ロペス。乗せてはならない選手に打たれ、ダメージの大きい3被弾だった。
 
 そのダメージを9回裏に少し緩和したのが巨人主将の坂本の一発だった。

 今季、不動の3番打者として首位打者、最高出塁率とセ界ナンバーワン。そんな坂本を1番に据えて、勢いをつける作戦を巨人はとった。ポストシーズンでのオーダー変更という勝負に出た高橋監督。坂本はその期待に応え、初回に遊撃内野安打で出塁。亀井のバント失敗で二塁でアウトになったが、その後、長野の右前適時打で先取点。得点の足がかりになった。4打数3安打1本塁打と気を吐いた。だが、打線はあと1本が出ずに合計3点止まり。坂本の奮起も勝利にはつながらなかった。

 CS第2戦はもう失投すら許されない状況になった。坂本が浴びせた意地の一発、指揮官の勝負手が無駄にならない戦いを期待したい。

関連記事(外部サイト)