元阪神・呉昇桓のメジャー1年目に称賛の声「救世主」「明らかに期待超えた」

呉昇桓 メジャー1年目に称賛

元阪神・呉昇桓のメジャー1年目に称賛の声「救世主」「明らかに期待超えた」

元阪神・呉昇桓のメジャー1年目に称賛の声「救世主」「明らかに期待超えた」

カージナルス・呉昇桓【写真:Getty Images】

韓国人右腕に称賛の声、カージナルスGMも大絶賛

 今季、阪神から大リーグ・カージナルスに移籍した韓国人右腕・呉昇桓投手(34)がメジャー1年目で評価を大きく高めることに成功した。今季は76試合に登板し、6勝3敗、14ホールド、19セーブで防御率1.92。チームはナ・リーグのワイルドカード争いで惜しくもプレーオフ進出を逃したが、ブルペン陣を支えたその活躍に称賛の声が寄せられている。

 セントルイスの地元紙「セントルイス・ポスト・ディスパッチ」電子版は「オはカージナルス救援陣の救世主となった」との見出しで特集記事を掲載。「今シーズンの彼は言葉では言い表せない。34歳の韓国人は韓国リーグと日本のリーグで成功を収め、米国でも活躍している。彼は“ストーン・ブッダ”でありながら“セミファイナル・ボス”から“ファイナル・ボス”へと進化を遂げた」とその活躍と絶賛している。

 記事では今季ナ・リーグのリリーフ投手の中で防御率3位、WHIP(1イニングあたりの安打数+与四球数)が0.92で同6位、103奪三振は同3位だったことを紹介。離脱も9月に左脇腹の張りを訴えた1週間のみで、球団の新人リリーフ投手としては1986年に新人王とセーブ王に輝いたトッド・ウォーレル以来の「最高の働き」とレポートしている。

来季もクローザーの可能性、指揮官「何ひとつ奪うつもりはない」

 記事によるとカージナルスのジョン・モゼラックGMも「明らかにオは期待を超えた」と今季の活躍に驚嘆の声を漏らしており、「彼と契約した当初、私たちは彼を控え投手として考えていた。そして、最終的にはクローザーになった、彼が上りつめ、成し遂げたことは……いろんな意味でオは私たちを救ってくれた。彼は素晴らしい1年を過ごした。彼が成し遂げたことは想像しがたいが、機会をものにしたね」と賛辞を贈っている。

 カージナルスは14年、15年と2年連続で40セーブ超えを記録したトレバー・ローゼンタールがクローザーを務めていたが、今季途中から呉昇桓が守護神となった。マイク・マシーニー監督は韓国人右腕の投球内容を高く評価しつつ、「彼はとても良かった。彼から何ひとつ奪うつもりはない。確実にね。スプリングトレーニングでどのように機能するか見るつもりだ」と来季も守護神を任せる可能性を示唆しているという。

 韓国で5度、そして阪神時代に2年連続でセーブ王に輝いている右腕。34歳で臨んだメジャーの舞台でもその実力を証明している。

関連記事(外部サイト)