【セCS】先発抜擢の巨人ドラ5山本が美技 横っ飛びでヒットを阻止

好守でDeNAにチャンス作らせず

 巨人のドラフト5位ルーキー山本泰寛内野手が、9日のCSファーストステージ第2戦・DeNA戦で美技を見せた。

 1-1の同点で迎えた6回、2死から先発・田口が白崎を四球で歩かせると、倉本は一二塁間を抜けようかというゴロを放つ。しかし、山本がこれを横っ飛びでキャッチ。すぐに一塁へ送ってアウトとした。抜ければ2死一、三塁のピンチとなる場面だっただけに、大きなファインプレーとなった。

 この日は「2番・二塁」でCS初スタメンに抜擢。5回2死一、二塁の好機では中飛に倒れたが、守備で存在感を見せた。

関連記事(外部サイト)