【セCS】DeNAロペスが先制2ラン! 梶谷が死球離脱の直後に流れを呼ぶ一発

打線のカギとなる攻撃的2番にアクシデントの直後に一発

 勝った方がCSファイナルステージへコマを進める10日のCSファーストステージ第3戦・巨人戦で、DeNA3番ロペスが値千金の先制2ランを放った。

 初回1死、2番・梶谷が右手に死球を受け、まさかの途中交代をした直後だった。打席へ向かったロペスは、1死一塁から巨人・先発の内海がカウント1-2から投げた5球目内角ストレートを強振。打球は勢いよくDeNAファンで埋まった左翼スタンドへ飛び込む先制2ランとなった。

 梶谷離脱のアクシデントで嫌な雰囲気が漂ったDeNAサイドだったが、頼れる3番の一発で一気に流れを引き寄せた。

関連記事(外部サイト)