ハム大谷翔平がプロ初犠打マーク 札幌ドームもどよめき

6回無死一塁で送りバント決める

 日本ハムの大谷翔平投手が12日のソフトバンクとのCSファイナルステージ第1戦(札幌ドーム)で“プロ初犠打”をマークした。

 6点リードの6回無死一塁。150キロ超のスピードボールを持つ寺原に果敢にセーフティバントを試みた。初球スライダーにファウルしたが、2球目のスライダーを投前へ転がした。一塁走者・レアードは二塁へ進塁。これまでレギュラーシーズンで犠打はなく、プロ初犠打をマークした。

 投球では6回まで無失点。投球中とはいえ球界屈指の長打力を誇る二刀流の献身的な姿勢に、超満員の札幌ドームもどよめいた。

関連記事(外部サイト)