日ハム・レアードが同点弾! ポストシーズン初の寿司パフォーマンス炸裂

好調なバットでチームを牽引する助っ人

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が13日のソフトバンクとのCSファイナルステージ(札幌ドーム)で同点弾を放った。

「7番・三塁」でスタメン。5回1死走者なしの場面で2ボールから中田の高く入ったスライダーをフルスイング。左翼席上段まで届く一発は同点のCS1号ソロとなった。

 2年目の今季はシーズン39本塁打で初の本塁打王を獲得した。12日の第1戦ではマルチ安打をマーク。好調なバットでポストシーズン初の寿司パフォーマンスを炸裂させた。

関連記事(外部サイト)