SBが柳田の決勝打で逆転勝ち

ホークス、柳田が復活の決勝打! 逆転勝ちで連敗阻止、シリーズ1勝2敗に

9回に3得点で逆転勝ち

 ソフトバンクが13日、日本ハムとのCSファイナルステージ第2戦(札幌ドーム)で6-4で逆転勝ちした。柳田が9回に復活の決勝打をマーク。ソフトバンクは日本ハムの1勝のアドバンテージを含め1勝2敗とした。

 日本一連覇の意地を見せた。1点差の9回1死、代打・福田が死球で出塁。続く中村の四球で一、二塁に広げると、本多への2球目で重盗に成功。二、三塁とし、本多がマーティンの9球目を左前へ打ち返して同点とした。さらに、柳田の中前適時打で勝ち越し。内川の併殺崩れの間に2点差とした。

 試合は先発の中田が中田に2打席連続タイムリーを浴びるなど6回途中4失点。それでも、2点差の8回に松田が左越えCS1号ソロ。1点差に迫り、9回の大逆転につなげた。

 負傷から戻った柳田はポストシーズンで復帰後、ここまで3試合連続で無安打だった。この日は5回に待望の初ヒットを放つと、9回に復活の決勝打をマークした。

 12日の第3戦は千賀が中5日で先発する。日本ハムの日本シリーズ進出王手まで、あと2死のところから、ソフトバンクが息を吹き返した。

関連記事(外部サイト)