日本S進出王手の広島緒方監督、完封リレー4手陣称賛「石原も書いてあげて」

日本S進出王手の広島緒方監督、完封リレー4手陣称賛「石原も書いてあげて」

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

野村が調整不足の不安一蹴、「最高の結果を出してくれた」

 広島は13日、マツダスタジアムで行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦のDeNA戦に3-0で勝利し、日本シリーズ進出に王手をかけた。2試合連続完封勝利に、緒方監督は「今日も投手陣でしょう」と開口一番、完封リレーを演じた4投手を称えた。

 先発の野村祐輔が6回無失点。7回からは今村、ジャクソン、中アの勝利の方程式でDeNA打線を封じた。緒方監督は「祐輔とリリーフ陣がゼロに抑えてくれて、これ以上ないゲーム運びができた」と口調は滑らかだった。

 野村は練習試合で首に打球を受け、調整不足が心配されたが、指揮官は「不安な様子は見せていなかったので心配していなかった」と最多勝右腕を信頼し、「ゲームをしっかり作ってくれて、最高の結果を出してくれた」と称賛した。

 リリーフ陣では、今村、ジャクソンが走者は許したが危なげない投球で、最後はシーズン終盤に腰痛で一時戦列を離れた中アが、1イニングを無失点に抑えた。

中崎も「心配していなかった」

 緒方監督は「中アはシーズン最後の登板を見ていたので、心配はしていなかった。あとは石原も書いてあげて。投手陣が首を振らずにリズムよく投げられるのは、石原を信頼しているからだよ」と、扇の要の存在感を強調した。

 打線は、1番の田中が本塁打を含む三度の出塁で、全ての得点に絡んだ。緒方監督は「今日も1、2、3番だったね。特に(田中)広輔のだめ押しの3点目は大きかった。一気に勝を引き寄せる一発だった」と、完全に復調したリードオフマンを絶賛した。

 2連勝で日本シリーズへ一気に王手をかけたが、緒方監督は「まだまだ。一戦一戦戦うだけ」と、シーズン中に何度も繰り返した言葉で、気を引き締めている様子だった。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

関連記事(外部サイト)