変幻自在の投球で苦手打線を手玉 広島・野村、6回降板も「余力あった」

変幻自在の投球で苦手打線を手玉 広島・野村、6回降板も「余力あった」

広島・野村祐輔【写真:編集部】

第2戦で6回無失点、連勝導いた野村「コントロールは全部よかった

 広島の野村祐輔が13日、セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦のDeNA戦に先発し、6回無失点の好投でCS初勝利をマークした。

 3回までは1人も走者を許さないパーフェクトピッチング。4回に2死満塁のピンチを作ったが、倉本を内野ゴロに打ち取り、DeNAの反撃を許さなかった。

 野村は「コントロールは全部よかった。狙ったところにうまく投げられた」と笑顔を見せた。打球直撃のアクシデントで、調整不足も心配されたが、「不安があると(新聞などに)書かれていたので」と笑い、「不安はゼロではなかったけど、こういう結果が出せてよかった」と喜んだ。

「いつも通りに試合に入ることができた」という野村は、シーズン中と同様に、無失点でも6回で降板した。余力はあったか、という記者の問いには「はい」ときっぱりと答え、「最初から飛ばしていくつもりだった。最低でも5回まではと思って投げた」と力を込めた。

石原「いろんなボールを使った」

 今季はDeNA戦で未勝利だったが、筒香、ロペス、梶谷のクリーンアップを1安打のみに抑えた。野村は「筒香に打たれたのもシングルヒットだったので、うまく切り替えられた」と、苦手相手でも冷静さは失わなかった。

 リードした石原が「祐輔のピッチングをした方がいいと思い、シーズン中のリードと変えずに行った。あとは臨機応変に、いろんなボールを使った」という変幻自在の投球で、苦手の相手を手玉に取った。

 前日のジョンソンに続く左右のエースの活躍で、チームはアドバンテージを合わせて3勝0敗となり、日本シリーズ進出に王手をかけた。「(ジョンソンが)すごくいいピッチングをしていたので、自分も抑えて勝ちたいと思った」という通りの投球を見せた野村。自身初となる日本シリーズに、自らも一歩近づく勝利となった。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

関連記事(外部サイト)