ソフトバンク千賀、6回途中4失点降板…CSファイナル初先発で結果残せず

初回にレアードの3ランなどで4失点、その後は無失点も球数かさむ

 ソフトバンクの千賀滉大投手が14日の日本ハムとのCSファイナルステージ第3戦(札幌ドーム)で先発。6回途中4失点で降板した。

 初回、先頭・西川に11球粘られて四球を与えると、大谷の振り逃げなどで2死一、二塁。近藤に左前への先制打を許した。さらに、レアードには甘く入ったフォークを痛打されて左越え3ラン。初回にいきなり4失点した。

 2回1死二塁では、西川、中島を連続三振。立ち直ったかに見えたが、球数が多くなり、6回1死で近藤に中前安打を許したところで降板となった。

 5回1/3で104球、5安打6奪三振2四球で4失点。自責点は0だったが、CSファイナル初先発で結果を残せなかった。

関連記事(外部サイト)